さくらだ眼科

  •   
    受付時間
    8:45〜12:00 / 14:45〜17:00
  • 休診
    火曜午後 / 木曜 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日
文字サイズ
標準
拡大

さくらだ眼科

白内障

白内障

白内障とはどんな病気ですか?

白内障

眼内でカメラのレンズの役割をする"水晶体"の一部または全体が濁ってしまった状態で、白髪同様、誰にでも必ず生じる老化現象の一種でもあります。

白内障の治療法にはどのようなものがありますか?
白内障は自然治癒が期待できません。白髪と同じで徐々に進行し、最終的には失明に至ります。白内障の治療を目的とした点眼薬も市販されていますが、効果は乏しく、手術が唯一の根本的な治療法です。手術の方法は、角膜の脇を約2㎜切開し、濁った水晶体を超音波装置で細かく破砕してから吸引し、水晶体の代わりとなる眼内レンズを移植して終了します。手術の所要時間は、麻酔をかけたり、最後に傷口の状態を確認する時間も含め、初期の白内障でしたら10分程度、進行した白内障では20分以上かかることもあります。大きな全身疾患をお持ちでない限り、当クリニックでは安全に日帰り手術を受けていただける態勢を整えております。
眼内レンズにはどのような種類がありますか?

眼内レンズ

一般的な単焦点レンズの他、乱視矯正効果のあるレンズ、厚生労働省認定の先進医療による多焦点レンズなどがあります。いずれのレンズであっても、原則的には半永久的に使用することが可能で、ペースメーカーのような交換手術は不要です。当クリニックでは、手術前に患者さんとじっくり相談の上、もっとも適した種類の眼内レンズをご提案しております。

※一部マスコミで報じられた、濁りやすいモールディング製法の米国製眼内レンズは採用していません。

白内障手術の費用(自己負担金)について

一般的な保険診療の場合、手術当日、当クリニック窓口でお支払いいただく金額の目安です。

1割負担の方 3割負担の方
日帰り手術
(片眼)
約20,000円 約45,000円

眼の状態によっては追加の処置が必要となること(高齢者に多い)、保護メガネ代は自費であることなどから、同じ「白内障の手術」でも窓口での支払額には個人差がございます。必ずしも3割負担の方が1割負担の方の3倍になるとは限りません。
先進医療による多焦点眼内レンズ挿入術の場合につきましては当クリニックスタッフにお問い合わせください。

※生命保険にご加入中の方は、手術給付金の支払いを受けることができる場合があります。詳しくはご契約の生命保険会社にご確認ください。

もっと詳しく白内障について教えてください
白内障について詳しく見る

当クリニックの白内障手術

手術風景

日帰り白内障手術の流れ

1.手術の準備
日帰り白内障手術を希望される方は、まず一般的な診察を受けていただきます。さらに、日を改めて、眼球の精密な測定、血液検査などを実施し、手術の適否を決めます。
2.手術前の生活
手術は原則として毎週火曜日の午後に行っています。手術の三日前(前の週の土曜日)から抗菌点眼薬をさしていただきます。仕事は前日まで普通になさって構いません。薬はいつも通り内服してください。(血液をサラサラにする薬を止める必要はありません)
3.手術当日
指定された時刻にお越しいただき、問診の後、瞳を大きく広げるための点眼薬をさしたり、眼圧を下げるための薬を内服していただきます。1時間少々経って、薬が効いたことを確認してから手術室にご案内します。手術室に入ってから、手術台の上で体勢を整え、心電図モニターを装着したり、目の周りを消毒するなど様々な準備を行います。そのため、手術自体は10分程度で済みますが、手術室に入ってから出てくるまで30分近くかかる場合もあります。手術後、およそ1時間安静にしていただき、体調に問題なければお帰りいただきます。もう片方の目が良く見える方でも、自分で運転して帰ることは出来ません。運転して来院された方は、帰りは付添いの方に運転してもらうか、車を置いてタクシーやバスでお帰りいただきます。帰宅したら、指定された時刻に眼帯を外し、点眼薬をさしていただきます。特にお食事の制限はありませんが、当日だけは酒とタバコを控えていただきます。夜は保護眼鏡をかけたまま寝ていただきます。痛み等の不安なことがあれば、遠慮なく、院長直通の緊急用携帯電話にお電話ください。
4.手術後の受診
手術の翌日(水曜日)、午前中に来院していただきます。目の状態にもよりますが、手術3日後(金曜日)、手術1週間後、手術3週間後に診察を行います。その後は、2週間~2ヶ月に一回の診察となります。徐々に間隔をあけていきます。
5.手術後の生活
  • 洗顔・洗髪
    許可が出るまでしないでください(約1週間が目安です)。なお、洗髪は美容院等で上を向いて行なうなら可能です。
  • 入浴
    首から下だけお湯につかるのは翌日から可能です。お湯が目に入らないよう注意してください。
  • 仕事・家事
    軽作業は翌日から可能です。重いものを持ち運んだり、ほこりっぽい所での仕事は避けてください。
  • 飲酒
    1週間は控えめにしてください。
  • 運動
    散歩や軽い体操は翌日から可能です。ほこりっぽい所での運動および水泳は、1ヶ月はしないでください。
  • 運転
    翌日の診察時、医師にご相談ください。
  • 保護メガネ
    約1週間、寝る時もかけたままでいてください。外す時期は医師がご案内します。
    ※回復の具合には個人差がありますので、自己判断せず、ご不明な点は必ず医師に相談なさってください。

予約について

当クリニックの診察は、予約制ではありません。診療日のご都合のよろしい時にお越しください。なお、白内障手術の申し込みを前提として来院される場合は、時間がかかりますので、受付終了の1時間前(午前:11時、午後:16時)までにお越しください。

多焦点眼内レンズについて

通常の白内障手術で眼内に挿入される眼内レンズは焦点が1つなので、白内障手術が成功しても老眼は治らず、見る距離に応じて眼鏡が必要になります。多焦点眼内レンズとは、焦点が二つあり、遠くにもお手元にもピントが合う特殊な眼内レンズです。白内障手術で多焦点眼内レンズを挿入すると、眼鏡への依存度を減らせるため、生活の質が向上します。

多焦点眼内レンズについて

※多焦点眼内レンズの適応や費用など、詳細につきましては、お問い合わせください。